FOOMA JAPAN 2019

先日、FOOMA JAPAN 2019に行って参りました。FOOMA JAPAN とは、一般社団法人日本食品機械工業会が主催する国際食品工業展で、食品(food)に関係する機械(machinery)の展示会です。お客様により良い製品が提案できたらと思っております。

今回は、金属検出器のご紹介です。

 

・アルミ包装金属異物検出装置 「お見通し」

  • 一般の食品製造ライン向けの標準タイプです。
  • 電源投入後、わずか30秒で安定し検査可能です。
  • プラ包装・アルミ蒸着・アルミ包装などの包装材質や塩分・油分などの内容物、高温・冷凍など様々な状況でも同一の感度で検査できます。

紹介動画↓

https://www.youtube.com/watch?v=dIiVmvCZ_WQ&feature=youtu.be

 

 

・金属検出機 AD-4971シリーズ 

  • 防塵・防水 IP65準拠
  • 自動感度設定機能
  • 7インチカラータッチパネルで操作が簡単
  • HACCP対応
  • 本体メモリへ最大100件分の検査結果を記録可能な検査履歴機能USBメモリを装着することにより、記録件数を増やすことが可能
  • 取り外し可能なコンベアベルトで、清掃やメンテナンスが容易
  • 可変ベルト速度 10~60m/min
  • LAN通信が可能

 

紹介動画↓

https://www.youtube.com/watch?v=afTCoWUz6bs&feature=youtu.be

 

・金属検出機 cosmo-one

  • タッチパネルで誰でもかんたん操作が可能
  • 管理機能も充実し、しっかりとデータを管理
  • HACCP対応構造で、清掃性もアップ