ニーズ凝縮の機能

機能の紹介:「ワンストローク・ツーアクション」異なる2つの作業をたった1回の動作で出来たら素晴らしいと思いませんか?シールと日付印字が一挙に解決!※4mm真鍮活字を使用しての日付印字をすることが出来る、熱板ヒートシーラーです。
注目のポイント:「ワンストローク・ツーアクション」異なる2つの作業をたった1回の動作で出来たら素晴らしいと思いませんか?そんなことが出来るシール機がここにあります。シールと日付印字が同時に出来る当社の誇るロングセラー製品「バッグシーラークラシック HBS-280日付入」省スペースかつ安全に包装作業が行うことが叶います!
当社の標準ヒートシーラーに日付印字装置(オプション)をプラスして頂くことでヒートシールと「賞味期限」等の日付印字が一挙に解決に出来ます。同時にシールと日付印字が出来ますから、日付の「未打刻」というリスクが発生しにくい構造になっております。近年、食品業界では「日付なし」というミスは絶対に許されないことのひとつになっております。このようなトラブルを起こしにくいことも、このシール機の優れた特徴です。そして作業効率は熱板ヒート(バー)シーラーですからとてもスピーディです!

機能の紹介:シーラーで印字された賞味期限・日付等の印字検査を行う際にとても便利なカメラスタンドです。
注目のポイント:オリジナル印字検査カメラ取付スタンドは画角調整をとても簡単行うことが出来ます。また省スペースに設置することが出来る製品となります。印字検査カメラの位置合わせを左右・前後・高さ・角度の4つのポディションの変更ををつまみネジで簡単に調整が出来ます。機能性、安定性、デザイン性と、3拍子揃った理想的なカメラ取付スタンドです!また、カメラの角度を0~45度まで調整できる機能は包装シールの作業者の皆様にとて大好評です!
機能の紹介:上下の熱板ヒーターの温度が設定温度の範囲から逸脱した場合に警報出力します。
注目のポイント:上下限偏差警報機能は、温度調節器の主たる温度目標設定値に対して相対的に上方,下方に警報範囲を設定します。
温度調節器の上下限警報設定は絶対値となり、主たる温度目標設定値からの偏差は同じになります。
例えば、主設定値に対して警報設定値を『5℃』と設定すると-5℃以下および+5℃以上が警報範囲になります。