ベルトシーラー修理 

2001年製のシールエイトさんのベルトシーラーの修理をさせて頂きました。

シールベルト(スーパーベルト)が蛇行してしまうということで、原因を調査したところ、プーリの軸受けが経年劣化によりベアリングががたつきシャフトが芯ブレを起こしていました。

 

18年間大きなトラブルもなく働いてくれていたベルトシーラー君!ありがとう!

シールエイトさんのシーラーはとても耐久性に優れた人気のあるシール機です。

しっかりと不具合個所の修理を行うことに!

 

新しい部品をシールエイトさんから取り寄せて早速修理をさせて頂きました。(旧型シーラーにも関わらず部品供給はいつも大変迅速で、そして翌日には入荷します!)

 

お客様(シール機のオーナーさま)とシールエイトさんには毎回とてもよくして頂き、助かります。いつもありがとうございます。引き続きよろしくお願いします!

修理前

 

部品の取り外し作業

アルミ製のフランジとシャフトを取付!!
チェーンを取付けて修理完了!!