シール機の「 便利屋 」として一歩ずつ前進します!

2019年もお客様よりいろいろなお仕事を頂戴しました。その一つに「段ボール2面印字検査システム」があります。製函機で成形された段ボールの短面と長面をベルトコンベアで搬送中にインクジェットプリンターで賞味期限、製造ロット番号を印字、続いて文字認識検査までが一連の流れの中で自動的に完結するとても画期的なシステムとなっております。

次に、ベルトシーラーやコンベアにインクジェットプリンターを取り付け、印字後に文字認識検査を行えるよう改造依頼を10数例頂戴しすべてのお客様よりお喜びの声が寄せられ、当社としましてもうれしい限りです。

新しい試みにも挑戦出来た1年にもなりました。自社製品と他社メーカー様の垣根を超えて、シール機という一つの世界のなかでもっと当社に出来る仕事はないか・・・?と模索した末、他社メーカー様のご協力とご理解のおかげで、他社メーカー様のシール機もお客様の使用状況やリクエストにフィットすると判断した場合には、ご提案を積極的に営業しご購入して頂けるような体制の基礎を築き始めることが出来ました。

このように振り返れば盛沢山な1年であり、また当社としましても技術力アップに繫がるたくさんの経験をお客様より頂戴出来充実したものになりました。

ここで述べたほど決して簡単にはいかないことも理解しております。ですが、一歩ずつ歩みを進めて参りたいと思います。

その結果として数年後にはお客様から頼られるシール機の「便利屋」として認知して頂ければ最高です!