レジェンドシーラー!!熱板ヒートシーラー「バッグシーラー280classic」のオーバーホール

今日は平成10年式の熱板ヒートシーラー「バッグシーラー280classic」のオーバーホール修理を行いました。

オーバーホール修理の内容は、アナログ温度調節器をデジタル指示温度調節器に交換と、上下の熱板バーの交換です。

筐体に☐45mmの穴を油圧パンチャーを使い、新しいデジタル指示温度調節器を取り付けるスペースの穴あけをします。

新しいアルミ熱板バーをシーラーに取り付け、温度調節器、ヒーターなどの配線も仕上げ、電源スイッチを投入!

ヒートシールの横目模様は定番の20mm幅、1.5mmピッチ、90度V溝です。

 

コンパクトでパワフルそれでいてセーフティー!

当社イチオシのロングセラーシール機です。

これからも熱板ヒートシーラー「バッグシーラー280classic」をどうぞよろしくお願いいたします!