Archives for ベルトシーラー印字印字検査

ベルトシーラーに追加で日付印字検査用のカメラを搭載させて頂きました。

当社にとって大のお得意先様より従来搭載されているベルトシーラー用の日付印字検査装置に、より高精度な日付印字検査を実現するためにキーエンスさんの「CV-Xシリーズ」というハイスペックな印字検査カメラを搭載するお仕事を頂戴しました。

このカメラは現在ご使用中の印字検査カメラ装置に比べ、より高精度であることに間違いはないのですが、お客様ご自身が実際にご使用になりその目でその実力(ヒートシールされた面に印字された日付の文字検査。お客様のご使用になっている商品と包装袋との相性を含む。)を確かめるための搭載とのお話でした。

一定の期間、一定の商品数をこなしお客様ご自身で精査検討され、ひとつの夢のモデルとして、現在は検品者1名が必要なところ、無人でこの作業を完結させることが可能になれば・・・とのお話でした。

当社としましてもキーエンスさんの「CV-Xシリーズ」を取り扱った経験はなく大変興味深い、またわくわくするような夢のあるお仕事を頂戴出来ましたことに大変感謝しています。

そして、随時お客様より使用状況についてお聞きして参ります。

今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

11年前・・・お客様のリクエストから始まりました。

今から11年前の2008年に印字装置付きベルトシーラーに印字検査カメラ装置の取り付け改造をしてほしいと、某食品包装工場の専務さんからのリクエストを頂戴しました。まずは印字検査を行うカメラの情報収集を行い精査した末に、オプテックス・エフエーさんの「CVS4」という文字認識カメラをチョイスすることに決めました。

[ 2008年 印字検査装置1号機改造 ]

ところが印字検査といってもヒートシールされた上に賞味期限を打刻された印字をカメラで読み取り、正確に判別することは極めて難しく、お客様のご要望である文字認識検査が行えるレベルにはほど遠く到底たどり着くことが出来なかったのです。

[ 2009年前期型 印字検査装置 ]

試行錯誤を繰り返した結果、印字検査カメラは印字の有無のみに限定して、それ以外の印字ミスの発生原因を考えその対策ソフトの開発に着眼点を合わせ力を入れました。

[ 2010年後期型 印字検査ユニット ]

 

その結果、今ではタッチパネルであらゆる検査パターンの能力を持たせることに成功し当社の標準仕様として関東のお客様を中心に現場で頼られる印字検査システムとして重宝されております。

間もなく2019年が終わりをつげ2020年を迎えます。新しい年はビッグイベント東京オリンピックが開催されますが当社にとりましても賑やかで実りある年となるよう熱い気持ち、冷静な頭、献身的な行動力を以って謙虚に邁進していく所存です。

お世話になっている皆様にとりましても慶ばしい2020年になりますようお祈り申し上げます。

2019年末日

ベルトシーラーに2台の印字検査カメラ搭載の特別仕様

お客様からご依頼いただいたベルトシーラーにインクジェットプリンターと印字検査カメラを取り付ける改造を先週末から取り掛かりました。

今回のシーラー改造はなんと印字検査カメラが2つ付いています。1つはキーエンスさん「IV-500」そしてもう一つはオプテックス・エフエーさんの「CVS4」が!この2台の印字カメラはお客様の使用状況として、シール目と袋の中央部分の2か所の画像検査をするために搭載する必要が生じたのです。

その結果、とても贅沢な仕様の改造マシーンが誕生しました。

このように用途や使用状況にピッタリ合うシール機のご提案から改造までの納品実績を当社では多数もっております。

そして私自身も実はもっとも得意とする仕事(趣味?)なのです!

ぜひ、シール機の「こうだったら使いやすいだろうな~」を当社にご相談くださいませ!