Archives for 印字あるなし検査

ベルトシーラーの改造事例「インクジェットへの置き換え・印字検査カメラの改善」

食品包装X社様は印字機付きベルトシーラーをご使用されており、ホットプリンターでシール面へ印字した日付を文字認識カメラCVS-4(外部照明付)で検査されていました。

今回、そのX社様より印字機付きシール機のホットプリンターをインクジェットプリンターに置き換える改造&印字検査カメラの改善のご依頼を頂きました。

導入に至った背景

食品包装X社様が導入に至った背景として、 ホットプリンターは熱した活字をインクリボンに押し当て、包装袋に熱転写させる印字方式であり、ベルトシーラーでヒートシールされたシール面は横目模様など凹凸があり、うまく印字機の調整が出来ていないと印字欠けやかすれなどの表示ミスが発生しやいため、マシーンを調整できる専任のご担当者さまが必要など、管理面で大変ご苦労されていました。そこでX社様は誰でも簡単にきれいで美しい日付印字に改善できることをご希望されておりました。

【問題点】

・印字メカ部品の消耗・温度調整・印字接触圧力・活字のセット・包装袋の製品ロッドムラ・インクリボンの製品ロッドムラ・etc

解決策と効果

そこで管理面を改善するためインクジェットプリンターをご提案させて頂きました。

結果、活字の交換作業がなくなり、日付印字の変更がワンボタンで行うことができ、誰でもきれいで美しい日付が実現しました。

改善前  

・印字機:ホットプリンター

・印字検査カメラ:外部リング照明を使用

before

改善後 

・印字機:インクジェットプリンター

・印字検査カメラ:当社で制作したCVS4専用カメラジグを取り付け内部照明に切り替え使用

 after

【印字検査カメラジグの改善】

今回インクジェットプリンターを取り付け改造させていただくにあたり、食品包装X社様の既存の設備である印字検査カメラも手を加えさせていただきました。

【問題点】

・外部照明がインクジェットプリンターの設置スペースに干渉する

・印字検査用カメラのタイミングセンサ(入力信号用)と印字検査カメラとの設置距離が離れてしまうため、製品間隔を広くする必要がある

解決策と効果

そこで、当社が制作した設置角度・タテ・ヨコ・高さを調整することが出来る「CVS4専用カメラジグ」ご提案させて頂きました。

結果、CVS4に標準で装備されている内部照明機能を使用することで外部照明は取り外し、インクジェットプリンターの設置スペースの確保&印字検査用カメラのタイミングセンサ(入力信号用)と印字検査カメラとの設置距離を詰めることを実現しました。

 

オプテックス・エフエーさんの印字あるなし検査カメラ「CVS-4」を取り付けてみました!

昨日は「matorix-2」に印字検査カメラを取り付けてみました。

印字あるなし検査カメラは当社で定番のオプテックス・エフエーさんの「CVS-4」をチョイス!

早速、製作を開始します。

まず最初に印字検査カメラの取り付けスペースに適したサイズの材料を決め、次に機械図面と電機図面を描きます。

それぞれの図面が出来上がれば、あとは図面通りにフライスと旋盤で機械加工。

機械加工で出来上がったパーツをマシーンに組み付け、最後に電機配線等を短時間集中でこなしてゆきます。(自分がやりたい機械いじりを始めるとつい没頭してしいます 笑笑!)

そして、出来上りはこんな感じです。

また、テスト運転では日付がきちんと印字されているか…?いないか…?の印字検査もしっかり出来ました。

当社はお客様のご要望に出来る限りお応え出来る様に、毎日腕を磨いています!

また、当社製品だけで網羅できない問題も他社製品と組み合わせてご提案・販売・改造 ・メンテナンスまで行っています。

当社にご興味を持って頂いたお客様は是非一度ご連絡下さいませ。

印字テープ等の消耗品もご準備しております!

心からお待ちしております!

引き続きどうぞよろしくお願い致します!

早速、印字検査装置を現場でお試し頂きました!

前回こちらのブログでご紹介しました「ポータブル型・印字検査装置」を実際の現場でお試しいただくことが出来ました。

日頃より当社のシーラーをご使用くださっている2件のお客様にお電話をしたところ快く「ポータブル型・印字検査装置」を持ち込んみデモンストレーションさせて頂く運びとなりました。このような時にもシーラー機やコンベヤの横に「ポン」と置くだけのポータブル型はとても手軽に、なおかつ実際に使用した場合を想定できます。

1件目のお客様はインクジェットで印字→コンベヤで搬送→OCR(文字認識)検査という流れをご希望されており現場でセッティングを施し試しました。日付についてはバッチリ!但し、固有記号(記号 アルファベット 数字)をうまく認識することが出来ませんでした。この問題を解決すべくキーエンスさんに相談させて頂き、レクチャーを受けたところスペースを使い文字間隔を設けることで解決することが出来ることがわかりました。お客様にその旨、ご報告させて頂きました。

もう1件は、ヒートシーラー→賞味期限の活字印字→印字のあるなし検査をご希望で、こちらはシーラーの横に「ポン」とセッティングし、1日お試し頂いたところ何の問題もなくお客様にもお気に召して頂けたようでした。

後日、上記2件のお客様よりお見積り依頼を頂戴することが出来、今回の試みはまずまずのスタートであったと思います。

どこにでも「ポン」と置けるポータブル型印字検査装置デモンストレーションをご希望のお客様がいらっしゃれば、喜んで「ポン」と設置に参りますのでご用命くだされば幸いです!

今回、当社のデモンストレーションを快諾してくだっさたお客様に感謝申し上げます。どうも有難うございました。

実際にトライアルの様子を動画でご覧頂けるようご用意しましたので是非ご覧いただければと思います。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓