Archives for 日付印字なし対策

印字プリンターのモーターが動かない? 

私の過去のシール機の修理実例をご紹介させて頂きます。

お客様より「時々、日付印字されずにプリンターを通過してしまうことがあるのですが・・・」と大変お困りのご様子でお電話を頂戴しました。

早速お客様の元へ飛んで実際に動作確認を当社で行いました。その結果、それらしい原因が浮かび上がってきました。本来、モーターが回転することにより印字される構造になっているのですが、その連結部の不具合によりプリンターが動作しないことが発生していたのです。

原因が解れば修理は短時間で終了。

今回の様にお客様の方でクレームになる前段階に気が付かれ、対処出来たケースばかりではありません。昨今、食品業界では様々な印字・ヒートシールにまつわる間違いは大きな問題となってしまうので、どのユーザー様でも頭を悩ませているかと存じます。

当社ではそのようなトラブルを未然に回避するためのご提案として、印字がされなかった場合にブザー音とランプでお知らせする検査表示器を製造販売しております。

この検査表示器は優れモノで検査項目は多岐にわたっており、こちらのブログで一つ一つご紹介させて頂こうと思っています。引き続き、ご興味があればご覧ください。

 

11年前・・・お客様のリクエストから始まりました。

今から11年前の2008年に印字装置付きベルトシーラーに印字検査カメラ装置の取り付け改造をしてほしいと、某食品包装工場の専務さんからのリクエストを頂戴しました。まずは印字検査を行うカメラの情報収集を行い精査した末に、オプテックス・エフエーさんの「CVS4」という文字認識カメラをチョイスすることに決めました。

[ 2008年 印字検査装置1号機改造 ]

ところが印字検査といってもヒートシールされた上に賞味期限を打刻された印字をカメラで読み取り、正確に判別することは極めて難しく、お客様のご要望である文字認識検査が行えるレベルにはほど遠く到底たどり着くことが出来なかったのです。

[ 2009年前期型 印字検査装置 ]

試行錯誤を繰り返した結果、印字検査カメラは印字の有無のみに限定して、それ以外の印字ミスの発生原因を考えその対策ソフトの開発に着眼点を合わせ力を入れました。

[ 2010年後期型 印字検査ユニット ]

 

その結果、今ではタッチパネルであらゆる検査パターンの能力を持たせることに成功し当社の標準仕様として関東のお客様を中心に現場で頼られる印字検査システムとして重宝されております。

間もなく2019年が終わりをつげ2020年を迎えます。新しい年はビッグイベント東京オリンピックが開催されますが当社にとりましても賑やかで実りある年となるよう熱い気持ち、冷静な頭、献身的な行動力を以って謙虚に邁進していく所存です。

お世話になっている皆様にとりましても慶ばしい2020年になりますようお祈り申し上げます。

2019年末日

ベルトシーラーの活字印字機の2度打ち(センサチャタリング)の対策

印字機付きのベルトシーラーの印字機の光電管センサーをレーザーセンサーに交換させて頂きました。

おつまみを専門にシール包装する食品工場様から「何種類もある包材の中の1種類に限って、どうセンサの調整をしても印字プリンターが2度打ちをしてしまう・・・」という、ご相談を受けました。

 

早速お客様へ出向きシーラーを確認させていただくことに。

袋の大きさや印字の位置には問題はなさそうです。

現在付いている光電センサーは回帰型です。センサアンプの調整を試みます。

あんまり変化がありません。依然と2度打ちしてしまいます。

そこで、それをキーエンスさんのレーザーセンサ 「ヘッドLV-S61」 「アンプLV-11SB」(回帰反射 小スポット)に付け替えをさせて頂くことに。

取付が完了して、その後悩んでいた包材をシーラーに通して印字テスト。

2度打ちが出なくなりました。「ホッ!」としました。これで一安心。

1つの包材(袋)に対してのセンサ検出が不安定だったことが原因のようです。

キーエンスさんのレーザーセンサは今回の様なケースに対してとても有効、且つ高性能です!

また、センサーをより安心してご使用頂ける様に、反射板の汚れなどによるセンサの不具合(回帰反射型であるため)を防止する策として、センサーが3秒間、ONしっぱなしになった場合には警報ブザーでお知らせする機能もプラスして装備させて頂き、作業開始から取付完了までの作業時間は約1時間!

 

いつも当社をご利用いただきどうも有難うございます!また何か気になるところがございましたらご連絡下さい。迅速に対応させて頂きます。

これからもどうぞよろしくお願い致します!