Archives for 日付印字なし対策

ベルトシール機の印字あるなし検査装置のご紹介

当社が日付装置付きシール機に考案する印字あるなし検査装置の長所は「取付たその時から誰でも簡単に取り扱うことが出来る!!」ことです。

メインの印字検査用のカメラにオプテックス・エフエーさんのCVS4-25-RAを搭載させて頂いております。

この印字検査カメラの魅力は、なんと言ってもロータリーエンコーダーと同期することが出来るところです。

ロータリーエンコーダーを使うことで、製品の移動速度や印字位置が変化しても撮影のタイミングは常に狙い通り。

すなわち、撮影のタイミングの時間設定を製品の切り替えの度に行う必要がないのです。

オールインワン画像センサCVS4-25-RA

また、当社のスタイリッシュな※1印字検査カメラ治具(3軸1R)と※2印字検査チェック項目別タッチパネル&カメラ操作用タッチパネルを組み合わせることで更に使いやすくなります!

※1印字検査カメラ治具「左右・前後・高さ・角度(3軸1R)調整ができます」

※2印字検査チェック項目別タッチパネル&カメラ操作用タッチパネル

🤗🤗🤗三菱FAさんのタッチパネルとシュナイダーさんのタッチパネルを組み合わせているところが当社の印字あるなし検査装置ポイントです!!🤗🤗🤗

それらはベルトシーラーのユーザー様にとってはとても便利な機能となります。

なぜなら、ベルトシーラーは多種多様な製品袋に対しても柔軟に対応出来る万能なシール機です。

「賞味期限」等の日付印字の位置・シールスピード(コンベヤ速度)も製品の数だけ適したシール条件も多岐にわたりますが、しっかりそれらをカバー出来るだけの能力を兼ね備えています。

包装製品の切り替えの度に、印字検査装置の設定変更に時間が掛かってしまう様では、お客様の負担も増えてしまいますが、印字なしを発生させないことを目的に取付けるものですので、安心してご使用頂くためにはその様な面倒もある程度は受け入れて頂く必要はございます。。。が。

お勧めさせて頂いた製品を取り付けた結果、お客様が扱いにくいようではお互いにとって本意ではないと思います。

当社では印字あるなし検査装置を出来るだけお客様の目線で考えた製品製作を心掛けております。

一度取り付けて頂いたお客様からの追加リピートオーダーがその使い易さ・正確性を物語っていると自負しております。

小さい会社ですがシール機の印字あるなし検査装置の事ならお任せください!!どうぞ宜しくお願い致します。

スタイリッシュな印字検査用カメラ治具

当社ではオプテックス・エフエー㈱さんの印字検査カメラ「CVS4シリーズ」の取り付けにピッタリな専用取り付け治具をご用意しております。

この治具は、印字検査カメラの内部照明を使用する場合の取付時の注意点でもある正反射(鏡反射)対策として、撮影視野が変わることなくカメラの設置角度(0~45度)を変更することが出来ます。

もちろん、前後・左右・高さもローレットノブを締緩するだけで誰でも簡単に微調整をすることが出来ます!

そのカメラ治具は、機械職人が丁寧に切削加工しております。(当たり前のことですが ?? )

そして、仕上がったパーツを組み上げた「”カタチ”」は大変スタイリッシュです?

今後、ベルトシーラーの「日付印字あるなし」検査装置の導入を思案中のお客様には是非、知っていただきたい「製品」です!

オプテックス・エフエー㈱社製・CVS4-N25RA&専用カメラ治具(XYZR軸)

印字プリンターの2度打ちが原因で発生する「印字なし」対策!?

今回は印字プリンター装置付きベルトシーラーに於ける印字プリンターの2度打ちが原因で発生する「印字なし」対策についてお話をさせて頂きます。

印字プリンターの2度打ちとはどのような場面で発生するのでしょうか?

また、2度打ちが発生するとどのような問題が起こるのでしょうか?

もしも、印字プリンターが2度打ちしてしまった時には次のような確認が必要です。

製品袋のどの位置に印字をして、また製品袋のエンド(端っこ)と印字光電センサーの位置関係です。

ヒートシールされた上面の定められた場所に「賞味期限」を打刻しますが、その印字位置とセンサが袋を検出する位置との関係が悪いと、打刻時の衝撃で製品袋の端っこが印字光電センサ側にズレて戻ってしうことで、印字センサが安定せず、印字プリンターが誤作動してしまうことがあります。

 

その結果、1枚の製品袋に対して2箇所に「賞味期限」の打刻印字をしてしまいます。直後に流れてくる製品袋に対して、印字プリンターが正常に動作しない可能性もあります。

このように印字プリンターの2度打ち=「印字なし」のリスクが伴ってしまうのです。

まず簡単に出来る対策としては印字をする位置を変更することが効果的かと思います。

しかし、印字の位置を変更することが出来ない場合はどのようにしたら良いのでしょうか?

印字センサーを移動出来る構造に改造したり、またはセンサーを追加で取り付け2個(下記写真)にして印字の状況に応じて切り替えが出来るようにするといった方法が効果的かと思います。

このような事でお困りのお客様がいらっしゃれば当社にてご提案から責任をもってご対応させて頂きますのでお気軽にご相談くださればと思います。

 

2度打ち検知システム