Archives for 日付印字なし対策

印字装置付きベルトシーラーに於ける「印字なし対策」早流しの巻!

印字プリンター付きのベルトシーラーは万能でとても優れているマシーンです。だからこそできるだけ早くシール包装すべきだと考えます。ですが、それに伴い「印字なし」を発生させてしまうリスクが潜んでいるのです。

ベルトシーラーの印字機と印字なし対策ユニット

「印字なし」が発生してしまう要因の一つとしてよく耳にするのは、「製品の早流し」です。ヒートシールされながらコンベアー上を流れる製品のスピードに対して印字プリンターの動作(打刻)が追いつかないことが原因で発生してしまいます。

印字用光電センサー(ノーマル仕様)

もちろん製品を早く流さないように気をつけることと、印字検査を目視でしっかり行うことで予防することは出来るのですが、万が一のことを思うと大変気がかりなものです。

印字用レーザーセンサー(改造仕様)

そのような「もしもの早流しをしてしまった場合の良策」としてパトライトブザーなどを取り付けて、包装作業されている方に音と色とでわかるように注意喚起をすることが重要だと思っております。

印字なし対策を組み込んだプリンターユニット

1枚目の製品が印字されない(印字機が動作しない)まま、2枚目の製品が印字センサー上を通過した場合はパトライトブザーにて警報を発することで、お客様の方で即座に気がつくことが出来ます。

「印字なしを出さないため」 には欠かかすことの出来ない「必須アイテム」なのです。

印字プリンターのモーターが動かない? 

私の過去のシール機の修理実例をご紹介させて頂きます。

お客様より「時々、日付印字されずにプリンターを通過してしまうことがあるのですが・・・」と大変お困りのご様子でお電話を頂戴しました。

早速お客様の元へ飛んで実際に動作確認を当社で行いました。その結果、それらしい原因が浮かび上がってきました。本来、モーターが回転することにより印字される構造になっているのですが、その連結部の不具合によりプリンターが動作しないことが発生していたのです。

原因が解れば修理は短時間で終了。

今回の様にお客様の方でクレームになる前段階に気が付かれ、対処出来たケースばかりではありません。昨今、食品業界では様々な印字・ヒートシールにまつわる間違いは大きな問題となってしまうので、どのユーザー様でも頭を悩ませているかと存じます。

当社ではそのようなトラブルを未然に回避するためのご提案として、印字がされなかった場合にブザー音とランプでお知らせする検査表示器を製造販売しております。

この検査表示器は優れモノで検査項目は多岐にわたっており、こちらのブログで一つ一つご紹介させて頂こうと思っています。引き続き、ご興味があればご覧ください。

 

< 手詰めライン用 >ベルトシーラー向け印字ありなし検査

ベルトシーラーの印字ありなし検査機のご紹介です。

まずコンベヤ上をシールされた製品が流れてきます。そして印字用のセンサを通過すると、任意でタイマー設定した時間後にプリンターのモーターが1回動作します。

印字機の活字ホルダーが上下に動く機構の中に、オムロンのフォトセンサとセンサドグを取付けます。


印字機プリンターが動作し下死点を通過すると取付けたオムロンのフォトセンサがONします。

コンベヤの速度が変化しても印字検査を行う撮影のタイミングは変わらないので、印字カメラの操作をとても使いやすくする目的でエンコーダーを取り付けさせて頂きます。

シーラー機の駆動チェーンからの回転動作を、ロータリエンコーダの入力軸が回転の変位を測定し、デジタル信号を印字検査カメラに出力します。

印字カメラ(CVS4ー25RW)に入力信号が入り印字ありなし検査を行います。

ロータリエンコーダーを取り付けたことでコンベヤの速度が変わっても常に同じ位置で撮影できます。