創業49年の老舗包装機械メーカー

ヒライ商事株式会社は創業49年の老舗包装機械メーカで 埼玉県戸田市に本社があり東京及び関東全域のアクセスに 良いことから東京、関東全般に営業・保守を行っております。      尚、弊社では多品種変動生産、省スペース、素人でも安全に使える 包装機械をコンセプトに開発を行っております。 真空パック・ガス充填・シール機を専門に包装機械の事なら 何でも気軽にご相談ください。

2021年製品カタログ集
  • サーマルプリンター搭載バッグシーラーmatrix 特許取得済み

    サーマルプリンター搭載バッグシーラーmatrix 特許取得済み

  • 各種メーカー対応可能 ベルトシーラーの印字有無検査装置のカスタムチューン

    各種メーカー対応可能 ベルトシーラーの印字有無検査装置のカスタムチューン

注目情報

2021年10月16日投稿日:ベルトシーラー式 特殊ロータリー式ノズル機構 真空ガス充填自動シール機
特殊ロータリー式ノズル機構により真空ポンプの吸引力を最大限引き出し、袋内を真空状態にしても連続使用による生産性の向上を実現しました。また、特殊ノズル機構によりガス(窒素、炭酸ガス等)を必要分だけ封入することで、酸化防止や製品の変色等を防ぎ従来コストがかかっていた、脱酸素剤や充填ガスのコストダウンを実現しました。
2021年10月1日投稿日:数あるシーラーの中からお客様に一番フィットしたシール機をお探しできればと常々思っております。
お客様からのご要望を個別に改造を手掛け、自社シール機はもちろんのこと、他社製品ベルトシール機もカスタマイズ可能です!シール機の製造メーカーならではの経験をもとに、国産シール機メーカーの中からお客様に 一番フィットした機種をお探しできればと常々思っております。
2021年6月28日投稿日:まずは、お試し用シーラー機(デモ機)をご用意しております。その使いやすさをご実感下さい!
エンドレスシーラーやインパルス式シーラーは食品・医療・工業・包装の業界では多く知れ渡っているかと存じますが、そのようなシール機の他に、上下熱板バーのかみ合わせ横目シールが出来るシール機をご存じでしょうか?多くのお客様に当社シール機を知って頂き、実際に現場でお役に立てれば大変嬉しく思います!まずは、お試し用のシーラーをご用意しておりますので、その使いやすさをご実感下さい!ご興味があるお客様は、当社まで是非ご連絡下さい。お待ちしております!
2021年5月24日投稿日:サーマルプリンター搭載ヒートシーラーが完成!活字を使わない印字機付シーラー「matrix-2」(特許出願中)
ワークをエンドレスベルトに挟んで搬送出来る様に改良したことでしたことで2017年11月に特許取得したシール機「matrix」に比べ生産能力をアップすることに成功しました。圧着力には当社で定番のソレノイドを採用!AC100Vのコンセントに差し込むだけで、美しい日付印字と横目シール作業が簡単に実現することができます。
2021年4月29日投稿日:活字を使用しないで印字が出来る!NEWサーマル印字&ヒートシール機「matrix-2」
間欠式の熱板バーシーラーと連続式のベルトシーラー、それぞれの良いところをシンプルに落とし込んだ結果、いいとこ取りの活字の要らないサーマル印字機能付シールマシーンが完成しつつあります。 そして、新たに包装シール機の業界に送り出したいと、その時を待っている次第です。

当社製品のご紹介

【製品一覧】

【製品一覧】

真空脱気ガス充填シーラー・サーマル印字機搭載シーラー、熱板オートシーラー「バッグシーラー」の製品一覧をご紹介します。安全で確実なシール包装に関わる全般的な支援をさせて頂きます。
Read More
【カスタムチューン】

【カスタムチューン】

カスタム例として既存のベルトシーラーに印字検査カメラ・かみこみ検査装置の取付等を施工し、安心してシール機をご使用頂ける様に最適な物を追求しお客様のニーズに出来る限りお応え致します。
Read More
【ニーズ凝縮の機能】

【ニーズ凝縮の機能】

狭いスペースでシール機を利用したい。多品種少ロット生産に特化。安全且つスピーディー。賞味期限等の日付もシールと同時動作。ワンストロークツーアクション目指せ印字なしクレームゼロ!
Read More
【包装の可能性】

【包装の可能性】

当社の製品の用途は80%が食品包装に使われております。残りの20%は医療器具のパッキングや工業部品のパッケージングに使われています。アイデア次第で様々なパッケージングが可能。
Read More

開発ブログ

JAPAN PACK 2023 日本包装産業展に出展します

JAPAN PACK2023 日本包装産業展が10月3日(火)~10月6日(金)に東京ビックサイトにて開催されます。

6月に開催されたFOOMA JAPAN 2023に続き(株)ユニバックさんの代理店として関東圏を担当させて頂いてる当社も会期中の4日間(株)ユニバックさんのブース(ブースNO.東5Aー904)にて展示マシーンをご紹介させて頂きます。

過去の展示会情報のブログに重複致しますが出展マシーンのご紹介をさせて頂きます。

No.1 FGー204J

 「食品・加工食品・豆類などで脱酸素剤を必要としている製品」

真空ポンプの吸引力で吸引ノズルから袋内の空気を真空(吸引脱気)、その後ガス(窒素ガス・炭酸ガス等)を必要な分だけ充填してシールします。「FGシリーズ」をご使用頂ければ、脱酸素剤に代わるガス置換包装により、コストダウンだけではなく風味・食感、、、これらはなかなか数値化することが出来ない分野かも知れませんが、食品である以上はとても重要な要素であると思っているので、当社では自信をもっておすすめしている訳です。

FGシーラーの魅力

 1. シーラーの設計構造が良い

スポンジベルトの挟持力で動くノズルのからくりはまさにMADE IN JAPAN 。

シンプルイズベストという言葉がぴったりな設計構造である。

 2. 故障が少ない

正直なところ、たくさんの機能を盛りこまれたマシーンにありがちな複雑な設計により、部外者が修理を行う場合手に負えないマシーンが世の中にはたくさん出回っていると思います。

ですが、この真空脱気ガス充填自動シーラー「FGシリーズ」はある程度の技術知識をもっていればメンテナンスが可能な希少なマシーンのひとつなのです。また故障が少ないということは耐久性に優れているということです。

それもこれも優れた設計と構造あっての話なのです。

 3. 機能性が高い

真空脱気やガス充填をする際、一般的には向き不向きが生じてしまいます。

うまくマッチする製品と、そうでない製品、、、お困りのお客様もいらっしゃるのではないでしょうか?

この真空脱気ガス充填自動シーラー「FGシリーズ」では袋内に差し込むノズルには豊富なバリエーションを用意しております。

例えば、ゴマ・塩・砂糖などノズルから吸い上げてしまいがちの製品も特殊ノズルでうまくマッチさせてしまうのです。

ご使用実績

  1. 水産加工品 干物・塩乾物・冷凍物・切り身・鰹節(100g~23kg)・寿司ねた・冷凍マグロ(冊 スライス)・練り製品・鯨・冷凍すし・海藻・貝類
  2. 食肉食肉加工品・チーズ 牛肉・豚肉・鶏肉・馬肉・ハム・ソーセージ・冷凍物・卵焼き・錦糸卵・ハンバーグ・チーズ・(業務用 粉、シュレッド500g~5kg)
  3. その他加工食品 練製品・ふりかけ・のり・だしパック
  4. 農産物 米・雑穀・餅・野菜・カット野菜・お茶・ティーパック・紅茶・豆類・コーヒー・ごま・生山葵
  5. 麺類 うどん・そば・ラーメン・乾麺・半生麵・パスタ
  6. パン・菓子類 和菓子・洋菓子・豆菓子・せんべい・おかき・餡・パン・生パン粉・ピザ・ポテトチップス・野菜チップス・むき栗
  7. その他 ペットフード・ベアリング等の機械部品・ダニトリマット・電材・管材・酸化防止剤・セメントアンカー

No.2 強力脱気シール機 KSー07N 

「真空パックのような真空度は必要ではないけれど、袋内の空気をある程度は抜きたい」

トレーに入っている商品や、より繊細な脱気の加減が求められる商品 (スポンジケーキ、お饅頭、大福、中華まん、お刺身等、、、形くずれNGなもの)を商品の形状を損なわず、美しい見た目をキープしたままの脱気に最適です。

1.より強力で安定した脱気が可能

2.吸引ノズルがなくても、強力脱気が実現

3.シール作業能力は25~35袋/分

4.   誰が作業をしても同じ仕上がり

 

強力脱気シール機「KS-07N」ってどんなシーラーなの?

数あるブロアー脱気シーラーの中でも、「KS-07N」は吸引口を特殊な構造にしたことで従来型のブロアー脱気シーラーに比べて、強力であることはもちろん、その脱気レベルを商品に合わせてコントロールすることが可能です。

基本的な構成としては従来の横流れ方式のシール機にブロアー吸引方式を取り込んだベルトシーラーなのですが、

ブロア脱気装置付きベルトシーラーでは難しかった商品、

例えばシール位置から中に詰める商品までの距離が100mm程度離れている場合には従来、脱気することが困難でした。

その点「KS-07N」はエアー吸い込み口が従来のシール機とは異なり空気がより抜けやすい通り道を確保出来る特殊構造になっているため強力脱気が実現できます。

No.3 バッグシーラーHBS-280 シリーズ

「卓上・省スペース・強力横目かみ合わせシール機」

セル生産方式にピッタリなヒートシーラーでコンパクトに設計されていますので、作業台やコンベヤに組み込んだり、どこでも自由にレイアウト出来る便利なシリーズです。

その最大の魅力は「ポン!」と置いたその日からどなたでも簡単に包装作業が実現できる設計構造にあります。

動画を見て頂ければ一目瞭然なのですが、人の目視により封じ目を差し込みながら同時にヒートシール。

なぜ同時に出来るのでしょうか?

製品を左右の親指と人差し指で持ち、熱板に合わせたらPUSH!

これで完了。大がかりな検査装置を設備していなくても人の目で、シール位置合わせをするのでシール不良・印字不良もその場で見つけやすいというおまけつきの「見落としてほしくないシーラー」のひとつです。

 

当ブースにてお客様とご縁があることが一番嬉しくはありますが、展示会というお客様にとっての最大のメリット、、、

「百聞は一見にしかず」

たくさんのシール機が一挙に集まるので、どうぞ比較検討してご納得のいくマシーン選びをして頂ければと思います。

ご興味のあるお客様は是非、この機会に一歩進んだデモンストレーションのご体験をしてみてはいかがでしょうか?

普段お使いの製品袋をご持参いただければ、その場で印字の入り具合や脱気・ガス封入・シールの仕上がり等がバッチリご覧い頂けます。

また、お忙しいお客様につきましても、お問合せの上サンプルを当社までお送り頂ければ、実際に包装シールしたサンプルと動画を返送することが可能ですので、お気軽にお声掛けください。

ウェブ検索から新しいお客様との出会いに感謝 バッグシーラーHBS-280標準型

全国各地どこもかしこも連日の暑さ、そして豪雨による災害と、一昔前では考えられなかった夏に振り回されながらようやく9月を迎えようとしています。

当社では有難い現象が起こった夏になりました。と言うのは、シーラー機を探しているお客様がウェブ検索をされ、大量の情報の中から当社のバッグシーラーシリーズに辿り着き、ご興味をもって頂き、お問い合わせを頂戴するという流れが続いておりまります。また、そのお客様は食品メーカー様のみならず化学工業の分野でシーラー機をお探しという、今までにはお付き合いのなかった業種からのお問い合わせを頂いております。

勿論、お問い合わせ頂いても販売まで結びつかないお客様もいらっしゃいますが、今までの主な売り上げ(古くからお付き合いのあるお客様の買い替えや消耗品、修理等)とは大きく内容が変化してきました。

古くからのお客様を変わらず大切にしながらも、PC画面の中で偶然当社という小さな会社を見つけ、ご興味をもって下さったお客様とのご縁を大切に、そして柔軟に対応も変化(成長)させていかなければいけないと思っております。

私どものような小規模な会社では従来のやり方という殻を破り、なかなか新しい思考を持つという事は難しかったりします(汗)

ですが、この夏お客様からのご要望のおかげで少しばかり目先を変えることが出来ました。

今の時代「コストパフォーマンス」「タイムパフォーマンス」を向上させ、結果として会社の利潤を追求していくことが常識になりつつあるようです。

実際、当社が搬入・納品・現地調整試運転までを承ると心苦しくはありますが、別途費用を頂戴しており、ご担当者様にはお約束のうえ、半日程度のお時間を頂いておりましたので今後このような販売方法が主流になっていくかと思います。

今後を見据えて当社としましては準備して参りたいと思います。

「実際にシール機を見に行けないから購入は難しいなぁ、、、」

「シール機を持って見せに来てくれないから購入は難しいなぁ、、、」

高額なシール機ご購入の際には当然、お客様が思う事かと思います。

  1.  お客様より当社にお問い合わせ
  2.  お電話にて詳しくヒアリング、おすすめのシール機のご案内
  3.  ご希望のシール機(バッグシーラー280シリーズ)をデモ機としてお客様に配送
  4.  数日間、実際の現場でお客様ご自身でご使用して頂く
  5.  デモ機を当社宛てに送り返してもらう

このような1~5のステップの中でお客様からお問い合わせがあれば、お電話でご説明・アドバイス・その他フォローをさせて頂きながら約1週間お客様ご自身で「投資に見合うシール機なのか?」じっくりご検討頂いております。

 

実際、営業として私が目の前にいるよりも冷静にそして気兼ねなく購入するか、しないかを選択しやすいのではないかとも思っています。

非対面での販売に踏み出せるのも「バッグシーラー280シリーズ」だから出来る事なのですが、発売から40年以上経ちこのシール機の耐久性と故障の少なさ、難しい調整が不要、、、このシール機を知り尽くし、手のかからない優等生のような「バッグシーラー280シリーズ」ならではの販売方法なのです。

「では実際に購入後、不具合が生じたらどうするのですか?」

まずは、お電話で詳しく状況をヒアリングして対処法に応じてメンテナンスさせて頂きます。簡単なメンテナンスがほとんどなのですがお電話を繋ぎながらシール機を調整して頂き、それでも改善されない場合のみ当社宛てにシール機を配送頂きメンテナンスを施します。

「その間、仕事が出来ないのは困るなぁ、、、」

ご安心ください。代替え280シール機をお送りしますので、メンテナンス完了までそちらをご使用ください。

このような販売方法もございますので、ご興味のあるお客様には是非、お問い合わせ頂ければと思います。

また、お問合せの上サンプルを当社までお送り頂ければ、実際に包装シールしたサンプルと動画を返送することが可能です。どうぞ宜しくお願い致します。

「バッグシーラーってどんなシーラーなの?」是非、下記 You Tube動画をご視聴下さいませ!

 

二十年選手の「真空脱気・ガス充填シーラー」もまだまだ現役続行します!

毎日うだるような暑さ(熱さ?!)が続き、気づけば来週はお盆を迎えようとしています。今年はコロナ以来、全国各地で花火大会・盆踊り・海水浴が行われ、ようやく「日本の夏」を取り戻したわけですが、この暑さでそれらを楽しむにはあまりにも過酷過ぎます、、、(汗)

さて、今回のブログでは当社のノズル式真空・ガス充填シーラー「フレッシュパックバッグシーラー」についてご紹介させて頂きます。

先週「フレッシュパックバッグシーラー」を二十数年ご使用頂いているお客様より、電源は入るものの作動しなくなったとのSOS連絡が入りすぐさまお客様のもとへお伺いさせて頂きました。

早速現場でマシーンの現状を確認したところ、シーラーの動作を司るシーケンサという部品が経年劣化により限界を迎えたため起こった故障という事がわかりました。

ここで新台買い替えなのか?

それなりのメンテナンスを施して、現役続行か?

お客様に選択して頂いた結果、今回はメンテナンスするという結論に至りましたのでお客様の要望により「現役続行」すべく修理させて頂きました。

 

「フレッシュパックバッグシーラー」が1990年に1号機が誕生して33年目を迎えます。その33年の間に当社ではいくつかの改良した点はあるものの、原形は当時のままであることを鑑みるとこのマシーンも良いシーラーであるのかな、、、と手前味噌ながら思っております。(笑)

【 フレッシュパックバッグシーラーの製品特長 】 

  1. ①真空脱気⇒②不活性ガス充填⇒③ヒートシールが出来る卓上タイプの真空脱気・ガス充填機能を搭載したヒートシール機です。
  2. ノズルで袋内の空気だけを抜きますのでバッチ式ガス包装機より作業効率がアップします。
  3. 窒素ガス(食品の酸化防止)、炭酸ガス(細菌の繁殖を抑える静菌作用)を包装内の空気と入れ替えることで、食品の品質劣化を遅らせることが出来きす。

お客様もご存じの通り真空脱気ガス充填までできるシーラーは数多く存在するわけで、その製品によって価格・能力・仕様・得意不得意・etcはその製品によってそれぞれです。そしてそれらの中からどの製品をチョイスするのか、それもお客様によってそれぞれである訳です。

当社では長い取り扱い経験に基づいて、お客様の現場にあったシーラーマシーンをご紹介させて頂いております。

当社の製品が不向きであると判断した時には残念ではありますが、そちらについてもきちんとお話をさせて頂いております。

ただ当社では代理店をさせて頂いております(株)ユニバックの真空脱気・ガス充填自動シール機「FGシリーズ」も取り扱っており、またそれぞれのシーラーが持つ仕様を含めると、かなりのバリエーションをもってお客様にご提案出来ると自負しております。

お客様もご存じの通り、真空脱気・ガス充填の機能を持ったシーラーは高額な投資になりますので、是非良いシーラー選びが出来るようお手伝いさせて頂ければ幸いに存じます。

下記に「フレッシュパックバッグシーラー」と「FGシーラー」の動画リンクを貼り付けておきますので、ご興味のあるお客様は是非ご覧頂ければと思います。どうぞ宜しくお願い致します。

【 フレッシュパックバッグシーラー 】

【 FGシーラー 】

ご興味のあるお客様はお問合せの上サンプルを当社までお送り頂ければ、実際に包装シールしたサンプルと動画を返送することが可能ですので、お気軽にご連絡ください。