創業49年の老舗包装機械メーカー

ヒライ商事株式会社は創業49年の老舗包装機械メーカで 埼玉県戸田市に本社があり東京及び関東全域のアクセスに 良いことから東京、関東全般に営業・保守を行っております。      尚、弊社では多品種変動生産、省スペース、素人でも安全に使える 包装機械をコンセプトに開発を行っております。 真空パック・ガス充填・シール機を専門に包装機械の事なら 何でも気軽にご相談ください。

2021年製品カタログ集
  • サーマルプリンター搭載バッグシーラーmatrix 特許取得済み

    サーマルプリンター搭載バッグシーラーmatrix 特許取得済み

  • 各種メーカー対応可能 ベルトシーラーの印字有無検査装置のカスタムチューン

    各種メーカー対応可能 ベルトシーラーの印字有無検査装置のカスタムチューン

注目情報

当社製品のご紹介

【製品一覧】

【製品一覧】

真空脱気ガス充填シーラー・サーマル印字機搭載シーラー、熱板オートシーラー「バッグシーラー」の製品一覧をご紹介します。安全で確実なシール包装に関わる全般的な支援をさせて頂きます。
Read More
【カスタムチューン】

【カスタムチューン】

カスタム例として既存のベルトシーラーに印字検査カメラ・かみこみ検査装置の取付等を施工し、安心してシール機をご使用頂ける様に最適な物を追求しお客様のニーズに出来る限りお応え致します。
Read More
【ニーズ凝縮の機能】

【ニーズ凝縮の機能】

狭いスペースでシール機を利用したい。多品種少ロット生産に特化。安全且つスピーディー。賞味期限等の日付もシールと同時動作。ワンストロークツーアクション目指せ印字なしクレームゼロ!
Read More
【包装の可能性】

【包装の可能性】

当社の製品の用途は80%が食品包装に使われております。残りの20%は医療器具のパッキングや工業部品のパッケージングに使われています。アイデア次第で様々なパッケージングが可能。
Read More

開発ブログ

「バッグシーラー280シリーズ」遠方のお客様とのお取引について

ブログの更新が4週間も空いてしまいました。(汗)

私の不定期、且つ拙いブログをご覧になったお客様からお問合せを頂くことが増えてきております。本当に有難いことです。

さて、今回は遠方のお客様からお問い合わせを頂きご購入に至ったお取引についてご紹介させて頂こうと思います。

「実際にシール機を見に行けないから購入は難しいなぁ、、、」

「シール機を持って見せに来てくれないから購入は難しいなぁ、、、」

高額なシール機ご購入の際には当然、お客様が思う事かと思います。

では、どのようにして当社が遠方のお客様に新規ご購入をしていただいたかというと、、、

  1.  お客様より当社にお問い合わせ
  2.  お電話にて詳しくヒアリング、おすすめのシール機のご案内
  3.  ご希望のシール機(バッグシーラー280シリーズ)をデモ機としてお客様に配送
  4.  数日間、実際の現場でお客様ご自身でご使用して頂く
  5.  デモ機を当社宛てに送り返してもらう

このような1~5のステップの中でお客様からお問い合わせがあれば、お電話でご説明・アドバイス・その他フォローをさせて頂きながら約1週間お客様ご自身で「投資に見合うシール機なのか?」じっくりご検討頂いております。

実際、営業として私が目の前にいるよりも冷静にそして気兼ねなく購入するか、しないかを選択しやすいのではないかとも思っています。

遠方であることを理由に非対面での販売に踏み出せるのも「バッグシーラー280シリーズ」だから出来る事なのですが、発売から40年以上経ちこのシール機の耐久性と故障の少なさ、難しい調整が不要、、、このシール機を知り尽くし、手のかからない優等生のような「バッグシーラー280シリーズ」ならではの販売方法なのです。

「では実際に購入後、不具合が生じたらどうするのですか?」

まずは、お電話で詳しく状況をヒアリングして対処法に応じてメンテナンスさせて頂きます。簡単なメンテナンスがほとんどなのですがお電話を繋ぎながらシール機を調整して頂き、それでも改善されない場合のみ当社宛てにシール機を配送頂きメンテナンスを施します。

「その間、仕事が出来ないのは困るなぁ、、、」

ご安心ください。代替え280シール機をお送りしますので、メンテナンス完了までそちらをご使用ください。

このような販売方法もございますので、ご興味のあるお客様には是非、お問い合わせ頂ければと思います。

また、お問合せの上サンプルを当社までお送り頂ければ、実際に包装シールしたサンプルと動画を返送することが可能です。どうぞ宜しくお願い致します。

「バッグシーラー280シリーズ」

<発売当初1980年代>

<1990年代>

2022年よりピュアホワイトにボディカラーを一新しました。

動画はコチラです。

 

 

 

お客様にピッタリ合ったシーラー機を推奨する数社のシール機メーカーの中からご提案

こちらのブログも3週間ぶりの更新になります。

ここ最近増えている新規のお客様からのご依頼でお客様にあった製品をご紹介するのですが、自分が思っていた以上にシーラー機というものは使い手であるユーザー様にそのシーラーの詳細はわかりにいという事がわかってきました。

中に詰める商品や封入する袋、印字の有無、脱気の有無、シール模様、シール巾・・・等、本当に様々なバリエーションがその製品によって存在しています。より理想的な包装をするにはどの製品を選定するかがとても大事なポイントであると自分は思います。

ですが、実際にお客様とお話をさせて頂きますとご自身で比較するのはとても難しいことのようです。

そこで、当社は推奨する数社のシール機メーカーの中からご提案、その製品の詳しい特徴をご説明し、そこに生じるメリット・デメリットも正直にお話させて頂きます。

100%の満足度に至るにはなかなか難しいのですが、少しでもそこに近づけるようお手伝いをしております。

そこには当然自社製品よりも適したシーラー機が存在するケースも少なくありません。そんな場合でも最適なシーラー機をご提案することを信条としています。

そしてまた、自分が推奨するシーラー機につきましては全てご提案から販売、メンテナンス、消耗品のご手配に至るまでを「まるっと」お引き受けすることが出来ます!(この業界に30年近く身を置いてきましたのでそこには少々自信があります。汗)

このシール機という業界はニッチ産業であるがゆえに、大々的なCM等の宣伝をしているメーカーもなくユーザー様に特長を知って頂くことが難しい現実があります。当社は微力ながらお問い合わせ頂いたお客様にご満足い頂けるようお手伝いをさせて頂きます。

ご興味のあるお客様は、お問合せの上サンプルを当社までお送り頂ければ、実際に包装シールしたサンプルと動画を返送することが可能ですので、お気軽にお問合せ下さい。

≪ 本日の動画 ≫

熱板シーラーとインパルスシーラーの違いを下記動画でご紹介させて頂きます。ぜひご覧くださいませ!

 

印字機能付き小型シーラー「バッグシーラーHBS-280印字機能付き」

2023年という年がスタートして早くもひと月が過ぎようとしています。

おかげさまでこのブログからコンスタントにお問合せ、注文をいただき順調な年始を迎えさせて頂いております。

誠にありがとうございます。

さて、今回は当社を代表するロングセラー商品「バッグシーラーシリーズ」について投稿させて頂きたいと思います。

度々ご紹介してきたユニバック「FGシリーズ」との違いをご紹介することが一番お客様にとってわかりやすいかと存じますので、これらについてご説明させていただきます。

  1.  お買い求めしやすい価格帯
  2.  省スペース 電子レンジを置くスペースで設置可能
  3.  ラミネート製袋専用シーラー機
  4.  マグネットの引き合う力で簡単に上下熱板がかみ合わされる構造

「ワンストローク・ツーアクション」一度の動作で「シールと印字」の2つの作業を同時にこなせる理にかなっった設計構造が自慢です。

一人の包装シール作業者さまが、ご自身のペースでシール位置を目視、差し込むと同時にヒートシールが出来るというとてもシンプルなシーラーで、オートマチックな包装機ではないからこそ、たった一人で省スペース、設置したその日から使いこなせるのが魅力です。どなたでも簡単に、そして美しく確実な包装が可能になるのです。そればかりか、大がかりな検査装置を設備していなくても人の目で、シール箇所の位置合わせをするのでシール不良・印字不良もその場で見つけやすいというオマケつきです。

印字方法としては、熱板バーの中に活字をセットします。この方式は当社の「バッグシーラーシリーズ」日付入りの一番の特長です。熱板バー(ヒーターブロック)の中央に活字を内臓するスペースを設けてありますので、必要な活字(賞味期限・数字等)をセットして頂ければシールと印字が同時に完結するという画期的な設計になっております。

その使い勝手の良さをより多くお客様に知って頂けるようデモ機をご用意しておりますので、ご興味のあるお客様はお気軽に当社までお問合せください。

どうぞよろしくお願い致します。