Archives for シール噛み込み検査

バンドシーラーの改造 噛み込み検知&IJP& 印字検査

キーエンスさんの高精度接触デジタルセンサー「GT2」をバンドシーラーに取り付けさせて頂きました。エンドレスベルトに挟まれて流れてくる袋の厚みを正確に測ることができます。

これにより万が一異物を挟み込んだままシールした場合、厚みの数値でNG判定を行える装置です。

また、袋の厚みはリアルタイムでデジタル表示されていて、設定値を逸脱した場合は不良品判定としてパトライトブザーで警報を鳴らします。

噛み込み検査をパスしてヒートシールされた商品はインクジェットプリンターで賞味期限とロット記号を印字して、その印字文字をカメラで有無検査を行います。

 

連続で袋をヒートシールが出来るバンドシーラーはとても万能です。そして、1台であれもこれもこなしてくれる万能さゆえにNG商品が発生しやすいという危険が潜んでいることも事実です。

その対策として、今回のような検査装置の改造取り付けは食品業界をとりまく時代の流れの中では、必要と認識されるに至っております。

 

このようなシール機の改造をご依頼くださるお客様のご要望は当社にとって大変勉強になります。シール機というニッチな分野における知識を蓄積出来る様に、経験を積み重ねていきたいです。

 

日付入り熱板ヒートシーラー「バッグシーラー350」に噛み込み検知センサーをつけてみました!

賞味期限などの日付印字と強力なシールが同時に出来ることが売りの「バッグシーラー350Ⅱ」に、噛み込み検知センサーを取り付けてみました。

機械側面に設置した噛み込み検知センサーの位置合わせはキャップボルトを六角レンチで回すと上下に可動する仕組みとなっています。

お客様のリクエストやアイデアはとても勉強になります!お客様のご要望に出来る限りお応え出来る様に、経験を一つ一つ積み重ねていく努力をこれからもずーっと続けていきたいと思います。

これからもどうぞよろしくお願い致します。それでは納品へ行ってきまーす!

ベルトシーラー改造「高精度接触式デジタルセンサ GT2」でヒートシール部の噛み込み検査

東京の食品包装工場のお客様よりベルトシーラーに「噛み込み検査装置」の改造取り付けをさせて頂くお仕事をたくさん頂きました。今回も袋の厚みを計測するメインセンサにキーエンス社製の高精度接触式デジタルセンサ「GT2」を採用させて頂きました。

シール部分に微細な商品のカケラ等を挟み込んだままシールをすると当然シール圧着に悪い影響が出てしまいます。最悪の場合袋の口が開いてしまう重大なクレームに繫がる恐れがあります。

そのようなトラブルを回避するために「噛み込み検査装置」を搭載してほしいとのリクエスト増えております。

今回もその様なリクエストでベルトシーラーの改造をさせて頂きました。

この高精度接触式デジタルセンサ「GT2」を使用して袋の厚みを計測します。あらかじめ設定した数値を逸脱した場合には警報ブザーでお知らせします。

今回の改造でお客様のご不安やご負担が軽減されることと思います。

お客様にも大変喜んでいただくことが出来て当社としてもうれしい限りです。

同じようなお悩みがございましたら是非当社までお気軽にご連絡くださいませ。どうぞよろしくお願い致します。