Archives for インクジェットプリンター

ベルトシーラーの改造事例「インクジェットへの置き換え・印字検査カメラの改善」

食品包装X社様は印字機付きベルトシーラーをご使用されており、ホットプリンターでシール面へ印字した日付を文字認識カメラCVS-4(外部照明付)で検査されていました。

今回、そのX社様より印字機付きシール機のホットプリンターをインクジェットプリンターに置き換える改造&印字検査カメラの改善のご依頼を頂きました。

導入に至った背景

食品包装X社様が導入に至った背景として、 ホットプリンターは熱した活字をインクリボンに押し当て、包装袋に熱転写させる印字方式であり、ベルトシーラーでヒートシールされたシール面は横目模様など凹凸があり、うまく印字機の調整が出来ていないと印字欠けやかすれなどの表示ミスが発生しやいため、マシーンを調整できる専任のご担当者さまが必要など、管理面で大変ご苦労されていました。そこでX社様は誰でも簡単にきれいで美しい日付印字に改善できることをご希望されておりました。

【問題点】

・印字メカ部品の消耗・温度調整・印字接触圧力・活字のセット・包装袋の製品ロッドムラ・インクリボンの製品ロッドムラ・etc

解決策と効果

そこで管理面を改善するためインクジェットプリンターをご提案させて頂きました。

結果、活字の交換作業がなくなり、日付印字の変更がワンボタンで行うことができ、誰でもきれいで美しい日付が実現しました。

改善前  

・印字機:ホットプリンター

・印字検査カメラ:外部リング照明を使用

before

改善後 

・印字機:インクジェットプリンター

・印字検査カメラ:当社で制作したCVS4専用カメラジグを取り付け内部照明に切り替え使用

 after

【印字検査カメラジグの改善】

今回インクジェットプリンターを取り付け改造させていただくにあたり、食品包装X社様の既存の設備である印字検査カメラも手を加えさせていただきました。

【問題点】

・外部照明がインクジェットプリンターの設置スペースに干渉する

・印字検査用カメラのタイミングセンサ(入力信号用)と印字検査カメラとの設置距離が離れてしまうため、製品間隔を広くする必要がある

解決策と効果

そこで、当社が制作した設置角度・タテ・ヨコ・高さを調整することが出来る「CVS4専用カメラジグ」ご提案させて頂きました。

結果、CVS4に標準で装備されている内部照明機能を使用することで外部照明は取り外し、インクジェットプリンターの設置スペースの確保&印字検査用カメラのタイミングセンサ(入力信号用)と印字検査カメラとの設置距離を詰めることを実現しました。

 

アルマーク(株)様の高品質印字・産業用インクジェットプリンターについて学ばせて頂きました。

今日は過去に1度だけ販売実績のある「インクジェットプリンター」アルマーク(株)様の営業担当の方にお越し頂き、製品の特長についてパンフレットだけでは知ることの出来ない突っ込んだ有意義なお話を聞かせて頂くことが出来ました。お客様に代わり私が思いつく限りのリスクとリターンについてお伺いしました。

まず、アルマーク(株)様は販売をした後のアフターフォローがとてもしっかりしていることがわかりました。当社を通じてインクジェットプリンターを設備くださったお客様に対し、不具合が生じた際などは手前どもで即対応させて頂くことが基本でしたが、こちらのような精密機器に属する高品質印字プリンターはメーカーさんが直接フォローしてくださることはベストであると考えております。

つぎに、お客様の製品にベストマッチするインクジェットプリンターをお選びいただくことが可能であるということです。その数、実に7製品にも及びます。その中から製品を選ぶことが出来、そのセットアップにつきましてもお客様のご使用現場にフィットした設置が可能です。

当社がお客様におすすめ出来るインクジェットプリンターの選択肢がまたひとつ増えることとなりました。

本日、当社まで足を運んで下さいました、アルマーク(株)様ありがとうございました。今後ともお付き合いの程よろしくお願い致します。

IJP 賞味期限 ロット記号印字 インクジェットプリンターの取付スタンドの販売に向けて・・・

インクジェットプリンターは現在食品包装において、賞味期限やロット記号などを美しく詳細に印字することが出来るため、どのメーカーさんも導入されているかと存じます。

ですが、大変高価なプリンターであることはメーカーさんの頭を悩ませているのではないでしょうか!?

そこで、インクジェットプリンターを取り付ける際の、必須アイテム「噴射ノズルヘッドを取り付けユニット(自立スタンド式)」で経費節減のお手伝いできるのではないか只今当社は動きだしたところです。

まだ実際に製造には至っておりませんが、必要な機能は保ちながらシンプルな構造でコストダウンを狙う考えです。

随時こちらのブログで経過を発信させていただきますのでご興味のあるお客様がいらっしゃいましたら引き続き閲覧のほどよろしくお願い致します。