Archives for ベルトシーラー修理

26年前・三協システムさんのシステムシーラーから始まりました!ベルトシーラーのメンテナンス!

当社は「バッグシーラーHBS-280型」というヒートシーラーを製造発売しております。電機部品等多少のマイナーチェンジはしておりますが、

その外観・カタチは50年ほぼ変わっていません。

そんなシーラーが今なお、関東地方・新潟県のおせんべい屋さんを中心に継続して売れて続けています。

本当にありがたいことです!

創業当時のバッグシーラーHBS-280

1988年東京・晴海の展示会

近年は他社メーカーさんの製造するシール機を販売させていただくことが増えてきおります。お客様のご使用方法・作業場のレイアウトやご予算などをしっかりヒアリングさせていただいたくことでお客様のご希望されるシール機のご紹介が出来ればと常々考えております。

また、当社では販売させていただいたシール機のアフターフォローもしっかり出来ますのでご安心ください。

ちなみに私がはじめて他社メーカーさんが製造するベルトシール機を知ることとなるきっかけをいただいたメーカーさんは三協システム(現 名古屋シール)さんのシステムシーラーです。今から25~26年前だったかと思います。

三協システムさんのシステムシーラー

まだ当時、若造だった私を名古屋・大阪で開催される食品包装の展示会に参加させて頂くなど三協システムさんの社長には随分面倒を見ていただき、勉強もさせていただきました。

~Q&A ~ 

Question ベルトシーラーって何?

Answer   袋を横流しでシール(熱溶着)するコンベヤ型シール機で、1つのモーターを動力源として回転する一対のテフロンベルトと同期した搬送コンベヤを有するシーラーです。

脱気→加熱加圧→空冷によって冷却→シール模様をデザイン→賞味期限の日付印字→日付の印字検査までの

1サイクルを1台のマシーンにすべて組み込むことが出来、

熱変形の大きいプラスチックフィルムでもきれいにかつ連続してヒートシールが出来る万能シーラーです。

 

【三協システムさん システムシーラーのホットプリンターの修理レポート】

三協システムさんのシステムシーラーの印字機には、

印字テープ切れ警報ブザーが標準装備されています。

 

熱でヒートシールされた袋に横目模様にデザインされたシール面に印字プリンターで印字打刻するなんとかのですが、袋の材質・シール温度・印字テープ・印字圧力・活字の温度・送りベルト・印字受けマット・活字の消耗など一つでも不具合があるときれいに日付を印字することが出来ません。いかに美しく袋のシール面に印字を熱転写させる調整が出来るか否かが腕の見せ処なのですが、それがなかなか難しかったです。そのような場合は三協システムのエンジニアの方にご教示いただき、なんとかお客様のシール機を修理をさせていただいたものです。

上記の通り、ご協力くださる三協システムさんのおかげで、自社製品以外のシール機の知識とメンテナンス技術を得ることができました。

現在、ヒライ商事の強みのひとつとなっております。

センシン ベルトシーラーの修理 ベルトコンベヤ・シールベルトプーリー(駆動側)のベアリング交換

センシンさんのベルトシーラーを長年ご使用のお客様より、修理の依頼をお受けしました。

後日、連絡をくださったお客様の工場へ出向きベルトシーラーの不具合を確認します。

症状

①コンベヤベルトの蛇行

②シーラー筐体の中から「キーキーキュルキュル・・・」高い金属音

原因

①コンベヤベルトの蛇行 駆動軸のベアリングが経年劣化により破損したために駆動軸の芯にずれが生じた

②高い金属音 シールベルトの駆動軸側のプーリーのベアリングの使用限界

修理内容

① ②ともに新品のベアリングに交換組付けさせて頂き修理完了となりました。

 

センシンさんのベルトシーラーは国産ベルトシーラーの草分け的存在としてとても多くのお客様に親しまれ、今現在も「第一線」で活躍をしています。

センシンさんのベルトシーラーで何かお困りごとがございましたら、ぜひ当社までご連絡をください!

どうぞ宜しくお願い致します。

ベルトシーラーの修理・メンテナンス

 

脱気装置搭載ベルトシーラーの「リングブロアモーター(脱気用)が動かない」との連絡が入りました。早速、ご連絡を頂いたお客様の工場に向かいます。現場に到着し作業開始。確かにリングブロアーのスイッチを入れてもモーターが動きません。先ずはいくつかの原因を考え、その可能性があるポイントをチェックさせて頂きます。

①リングブロアモーターが異常発熱してないか?

②ヒューズ、配線に断線はないか?

➂電源スイッチは壊れていないか?

④吸引ダクトホース内の詰まりはないか?

➄リングブロアーモーターのケーシング内の羽根車との隙間にごみが付着していないか?etc.

チェックさせて頂いた結果、④吸引ダクトホースの入り口部分に詰まり、➄ブロアーモーターのケーシング内の羽根車との隙間にごみが付着、ここが怪しいと考えました。

早速、ケーシングカバーを取り外してみます。

羽根車を手で回転させてみますが・・回転しません・・・

原因発見です。詰まっています。ゴミが・・・ケーシングに「ペタッ」とへばり付いています。これでは羽根車は回転できません・・・へばり付いたごみをきれいに取り除き、羽根車を手で軽く回転出来ることが確認できましたので、ケーシングカバーをはめて、ダクトホース内のごみを取り除き、現状復帰させて頂きます。

お客様には定期的にダクトホース内の掃除を実施して頂くことで今回の様なトラブルを軽減されることが出来る旨をご説明させて頂き、今回の修理作業終了となりました。