Archives for メンテナンス カスタム

センシンさんのシーラー改造・修理「印字プリンター用センサーの改造」

印字にまつわるトラブルで特に透明かつ光沢のある包装袋に発生しやすい事例として、センサーのチャタリングによる印字プリンターの2度打ちがあります。

そのトラブルは、センサーを1枚の包装袋が通過することで、印字プリンターが1回印字するべきところ、2回印字してしまうことです。それにより、1枚の包装袋に2か所印字してまったり、次に流れてくる包装袋への印字がされないといった最悪のケースが発生する可能性もあります。

では、このようなトラブルを回避するにはどうしたらよいのでしょう?

私の経験から、従来のセンサーが光電感センサーであるならば、レーザーセンサーに置き換えることでかなりのリスク軽減が出来ると思います。透明かつ光沢のある包装袋に対してレーザーセンサーはとても相性が良く印字の2度打ちを回避することが出来るのです。

ただ、この優れたレーザーセンサーも反射ミラーとセットで取り付ける必要があり、その反射ミラーが汚れた状態では正しく動作することは出来ません。

もちろん現場で反射ミラーの汚れを確認・清掃して頂くことが前提なのですが、万が一の時にはブザー音で汚れをお知らせする機能があるため、自信をもってお勧めできる搭載アイテムの一つです!

今主流のシール機「ベルトシーラー」は連続して簡単に日付シール作業が出来るという1台であれもこれもこなせる万能なシーラーです。しかし、その万能さゆえに細かなトラブルも潜んでいます。

今回はセンシンさんのベルトシーラーをご使用中のお客様にて実際に施工させて頂きました改造事例(光電管センサーをレーザーセンサーに改造)をご紹介させて頂きました。当社ではこのようなトラブルに対応すべくアイテムを多数ご用意しております!

どうぞ宜しくお願い致します!

印字プリンターのモーターが動かない? 

私の過去のシール機の修理実例をご紹介させて頂きます。

お客様より「時々、日付印字されずにプリンターを通過してしまうことがあるのですが・・・」と大変お困りのご様子でお電話を頂戴しました。

早速お客様の元へ飛んで実際に動作確認を当社で行いました。その結果、それらしい原因が浮かび上がってきました。本来、モーターが回転することにより印字される構造になっているのですが、その連結部の不具合によりプリンターが動作しないことが発生していたのです。

原因が解れば修理は短時間で終了。

今回の様にお客様の方でクレームになる前段階に気が付かれ、対処出来たケースばかりではありません。昨今、食品業界では様々な印字・ヒートシールにまつわる間違いは大きな問題となってしまうので、どのユーザー様でも頭を悩ませているかと存じます。

当社ではそのようなトラブルを未然に回避するためのご提案として、印字がされなかった場合にブザー音とランプでお知らせする検査表示器を製造販売しております。

この検査表示器は優れモノで検査項目は多岐にわたっており、こちらのブログで一つ一つご紹介させて頂こうと思っています。引き続き、ご興味があればご覧ください。

 

バッグシーラー(日付印字機能付)の修理・納品準備

現在お客様より3台シール機をお預かりして、それぞれ必要な作業に取り掛かりました。

先ず、自社製品の「バッグシーラー400型」です。10年以上毎日食品工場で活躍していました。電機部品の不具合、熱板の消耗等いくつかの修理イメージをお客様にご提案するつもりであります。

10年以上お使い頂いたシーラー機ですが、この程度のメンテナンスで済むのは手前味噌ではありますが「バッグシーラー400型」の耐久性を改めて確認することが出来た次第です。

次に、「バッグシーラーⅡ350型」の上下熱板交換を含むオーバーホールです。

こちらも10年以上現場で活躍してきたシール機になります。

今回の熱板交換にあたり、当社からのご提案でよりヒートシール力の向上とメンテナンス性に優れた横目ピッチが2mm仕様に変更させて頂きました。

下記添付写真の上が横目1.5mm(標準仕様)で、下が横目2mm(今回の仕様)です。ちなみにに長穴に抜かれた部分に「賞味期限等」の日付刻印が入ります。


最後に、長年当社で採用しておりました硬質鋳造アルミ合金の活字屋さん(日本で唯一残っていた東京の硬質鋳造活字屋さん)が廃業され、新しく真鍮彫刻活字への変更を決断させて頂きました。

そして、今回ご注文頂いたシール機「バッグシーラー400型」の熱板にその新たな活字を搭載出来る様に新しい部品を製作しました。

それぞれ、来週の納品に向けてしっかり調整してお客様の元へお届け出来る様頑張ります!