Archives for メンテナンス カスタム

脱気 ガス置換シール機のアフターフォロー!

ここ最近、修理依頼のご要望が続いておりました。

当社では製造から販売まではもちろんの事、その後のシーラーの不具合や「もっとこうしたい!」というご要望にも臨機応変に対応させて頂いております。

それというのも、たくさんあるヒートシール機の中から当社の製品をお選び下さったお客様への感謝の気持ちと早く修理して復旧させるべく、出来得る限り対応していくことが本来のメーカーの在り方だと思っているからです。

 

今回はフレッシュパックバッグシーラー修理についてご紹介したいと思います。

大切な代理店様より脱気・ガス充填用のノズルが動かないという連絡を頂戴しました。いくつかの原因、そしてその対策についてイメージしながら現場に向かいました。

シール機を見せてもらったところエアーシリンダーの不具合を見つけました。お客様にはエアーシリンダーの交換をご提案し、ご納得いただいた上で新品と交換、無事に修理完了となりました。

また、修理中にお客様はお気づきでない不具合も見つけたので、そちらも同時に修理調整させてもらいました。

当社のような小さい会社だからこそ出来る「売りっぱなし」ではない長いお付き合いをお客様とさせて頂けることが大変励みになります。

修理だけではなく、改造のご要望ご相談にも対応させて頂きます。

宜しくお願い致します。

センシンさんのシーラー改造・修理「印字プリンター用センサーの改造」

印字にまつわるトラブルで特に透明かつ光沢のある包装袋に発生しやすい事例として、センサーのチャタリングによる印字プリンターの2度打ちがあります。

そのトラブルは、センサーを1枚の包装袋が通過することで、印字プリンターが1回印字するべきところ、2回印字してしまうことです。それにより、1枚の包装袋に2か所印字してまったり、次に流れてくる包装袋への印字がされないといった最悪のケースが発生する可能性もあります。

では、このようなトラブルを回避するにはどうしたらよいのでしょう?

私の経験から、従来のセンサーが光電感センサーであるならば、レーザーセンサーに置き換えることでかなりのリスク軽減が出来ると思います。透明かつ光沢のある包装袋に対してレーザーセンサーはとても相性が良く印字の2度打ちを回避することが出来るのです。

ただ、この優れたレーザーセンサーも反射ミラーとセットで取り付ける必要があり、その反射ミラーが汚れた状態では正しく動作することは出来ません。

もちろん現場で反射ミラーの汚れを確認・清掃して頂くことが前提なのですが、万が一の時にはブザー音で汚れをお知らせする機能があるため、自信をもってお勧めできる搭載アイテムの一つです!

今主流のシール機「ベルトシーラー」は連続して簡単に日付シール作業が出来るという1台であれもこれもこなせる万能なシーラーです。しかし、その万能さゆえに細かなトラブルも潜んでいます。

今回はセンシンさんのベルトシーラーをご使用中のお客様にて実際に施工させて頂きました改造事例(光電管センサーをレーザーセンサーに改造)をご紹介させて頂きました。当社ではこのようなトラブルに対応すべくアイテムを多数ご用意しております!

どうぞ宜しくお願い致します!

印字プリンターのモーターが動かない? 

私の過去のシール機の修理実例をご紹介させて頂きます。

お客様より「時々、日付印字されずにプリンターを通過してしまうことがあるのですが・・・」と大変お困りのご様子でお電話を頂戴しました。

早速お客様の元へ飛んで実際に動作確認を当社で行いました。その結果、それらしい原因が浮かび上がってきました。本来、モーターが回転することにより印字される構造になっているのですが、その連結部の不具合によりプリンターが動作しないことが発生していたのです。

原因が解れば修理は短時間で終了。

今回の様にお客様の方でクレームになる前段階に気が付かれ、対処出来たケースばかりではありません。昨今、食品業界では様々な印字・ヒートシールにまつわる間違いは大きな問題となってしまうので、どのユーザー様でも頭を悩ませているかと存じます。

当社ではそのようなトラブルを未然に回避するためのご提案として、印字がされなかった場合にブザー音とランプでお知らせする検査表示器を製造販売しております。

この検査表示器は優れモノで検査項目は多岐にわたっており、こちらのブログで一つ一つご紹介させて頂こうと思っています。引き続き、ご興味があればご覧ください。