Archives for メンテナンス カスタム

バッグシーラー(日付印字機能付)の修理・納品準備

現在お客様より3台シール機をお預かりして、それぞれ必要な作業に取り掛かりました。

先ず、自社製品の「バッグシーラー400型」です。10年以上毎日食品工場で活躍していました。電機部品の不具合、熱板の消耗等いくつかの修理イメージをお客様にご提案するつもりであります。

10年以上お使い頂いたシーラー機ですが、この程度のメンテナンスで済むのは手前味噌ではありますが「バッグシーラー400型」の耐久性を改めて確認することが出来た次第です。

次に、「バッグシーラーⅡ350型」の上下熱板交換を含むオーバーホールです。

こちらも10年以上現場で活躍してきたシール機になります。

今回の熱板交換にあたり、当社からのご提案でよりヒートシール力の向上とメンテナンス性に優れた横目ピッチが2mm仕様に変更させて頂きました。

下記添付写真の上が横目1.5mm(標準仕様)で、下が横目2mm(今回の仕様)です。ちなみにに長穴に抜かれた部分に「賞味期限等」の日付刻印が入ります。


最後に、長年当社で採用しておりました硬質鋳造アルミ合金の活字屋さん(日本で唯一残っていた東京の硬質鋳造活字屋さん)が廃業され、新しく真鍮彫刻活字への変更を決断させて頂きました。

そして、今回ご注文頂いたシール機「バッグシーラー400型」の熱板にその新たな活字を搭載出来る様に新しい部品を製作しました。

それぞれ、来週の納品に向けてしっかり調整してお客様の元へお届け出来る様頑張ります!

熱板ヒートシール機が出来上がるまで!!

おかげさまでシール機のご注文をたくさん頂戴し、ブログの更新が遅くなってしまいました。

前回掲載させて頂いた通り、美しく修復して頂いた木型で鋳物を吹いてもらいました。仕上がった鋳物は完璧な美しさで、まさに感動ものです!職人さんの確かな技術がこれで証明されました。

本当に有難うございました。

これからいよいよ機械加工屋さんによって、鋳物を切削・穴あけ加工等を施して頂きます。

当社のシール機において、肝となる重要な部品なので、長年お付き合いして頂いている機械加工屋さんにお任せしております。

ここでいよいよ自社での作業が開始されます。

お客様のオーダーに従い、シール機の組み立てを段取り良く進めていきます。今回は印字機、安全装置付きのフルバージョンで組み上げていきます。

数々のプロフェッショナルたちが生み出した技術を一つに集結させ、当社のシール機が完成に向かっていくのです。

小さな傷一つ付けないよう、細心の注意をはらい組立作業を行います。

 

無事にお客様のオーダー通りの日付印字装置付きシール機が完成し、お客様の手元へお届けに上がります。

車に積んでこれよりお届けに上がります。食品工場の実際の現場で、うまくお使い頂けることを願っていよいよ嫁入りです!

バンドシーラーの修理カスタマイズ シーラーのことならメーカー問わず対応できます

バンドシーラーと一口に言っても多種多様、数えきれないほどの種類が存在している昨今です。

当社では自社製品シール機において改良を続けてきたことや、常に新しい製品を生み出す努力をしてきたことに加え、お客様のニーズに応じたシーラーカスタマイズもしてきました。

それらの経験を知識として蓄えることで、「何でもござれ!」は言い過ぎかもしれませんが(笑)そのくらいシール機のことであれば、メーカーを問わずシーラーの修理改造をすることが出来る技術力を持っていると自負しています。

バンドシーラーなどシール機のことでしたら、当社にご相談ください。お客様の立場でより良い解決のお手伝いをさせて頂きたいと思います。よろしくお願いいたします。